合気道の稽古法記事一覧

合気道の根源 呼吸力の本質に迫る合気道の稽古を行う上で「呼吸力」の理解は、必要不可欠でしょう。ところがこの大事なキーワードは、時に合気道の理解を深めていく上で、初心者が最初に迷走していってしまうキーワードとなっていることは否めません。そこで合気道の原点に立ち返り、呼吸力について解説していきます。呼吸力を理解することが上達の条件となる「氣」、「呼吸力」などと言った言葉から何を連想するでしょうか。テレ...

合気道でよく使われる言葉、気結びの考え方について相手と一体化することで切れない技合気道で言う気結びとは、取りと受けが一体となって動くことにあります。一体となって動くということは、「ぶつからない」と言うことです。ぶつからないためには、取りであれば「受けの動きに合わせること」が重要になってきます。例えば受けを崩すために大きく動いた場合、受けの動ける範囲を超えたところまで動いてしまえば、受けの動きの限界...

受け身受け身の稽古の重要性受け身のとり方には人それぞれあるとおもいますが、受け身の稽古をおろそかにしてしまうと、思わぬケガにつながりかねないばかりか、受け身が固いと、例えば上級者を取りにする場合は上級者が技を充分に施してくれない場合があります。逆に上級者が下級者と技を行う場合には、上級者の受け身の技量が低いと、下級者の取りの技量の向上を妨げてしまう恐れがあります。受け身の目的このように受け身のとり...

合気道の取り合気道の取りとは合気道の型稽古で、技を掛ける側を「取り」、受け身を取る側を「受け」と言います。合気道の稽古を行って行くとき、初心者も上級者も、お互いにこの受けと取りを交互に交代しながら稽古を進めていきます。合気道の取りの心構え合気道には試合がありません。ですから取りの稽古をするからと言って、受けを目いっぱい投げつけたり、押さえたり、関節を極める必要はありません。まずは、なぜこの動きで受...

合気道の構え心構えと説く「構え」と聞くと、ボクシングや空手のようなファイティングポーズを思い浮かべる方がほとんどでしょう。またその構えはどこか力強く、敵を寄せ付けるような甘さは見えないことと思います。合気道の構えは、打撃系の構えや、その他の武道の構えとは、大きく異なってきます。合気道の稽古をする道場や、先生によって合気道の構えのスタイルは異なってくることと思いますが、合気道の構えは、その見た目より...

合気道の間合い合気道の間合い間合いとは、自分と相手との距離をいいます。単純に距離と言いましても、物理的な距離と、精神的な距離を合わせて、間合いと言うことについて考えた方が理解が深まります。物理的な距離まず物理的な距離についてですが、これは一言で言うと、相手の攻撃が届かない距離です。攻撃が届かないなら、それが一番です。ただ届かない距離だと、技ができなくなります。そこでこの攻撃が届かない距離と合わせて...

合気道の当身について合気道の当て身実は合気道で言う当て身とは、いわゆる叩いたり、殴ったりすることを言うのではありません。合気道の当身について理解していくためには、これまでの生活の上で、様々な固定観念や、先入観があります。まずはそう言ったことから、抜け出して理解していく必要があるのです。では、何を当て身というのか。身に当てると、当て身は書きますよね。身とは、つまり体のこと。要するに、体に当てると言う...

入り身「入り身」合気道の稽古をしていると、頻繁に入り身と言う説明が出てきます。しかし入り身と一言でいっても、実際はどういう状態を入り身というのかを正しく理解していないと、実際のところどうしていいのかわからないのではないでしょうか。ここでは合気道の稽古を行っていく上で最も根幹となる体捌きの一つ、「入り身」と言うことについて考えていきたいと思います。入り身の本質入り身とは、「身を入れる」つまり「前に出...

合気道の体捌き体捌きの重要性体捌きは、自分が安全で、後の動作が取りやすく、受けが、受けを受けやすい様に動くのが理想です。その方法には、様々な方法があります。合気道では、主に入り身転換転身等が代表的です。受けやすいとは受けが受けやすいと言いますと、まるで受け身のために技を掛けているかのように聞こえるものと思います。しかし合気道で言う、受けが受けやすい技と言うのは少し意味合いが違うことを理解しておく必...