合気道の当身について

 

合気道の当て身

実は合気道で言う当て身とは、いわゆる叩いたり、殴ったりすることを言うのではありません。
合気道の当身について理解していくためには、これまでの生活の上で、様々な固定観念や、先入観があります。まずはそう言ったことから、抜け出して理解していく必要があるのです。

 

では、何を当て身というのか。

 

身に当てると、当て身は書きますよね。身とは、つまり体のこと。要するに、体に当てると言うことなのです。

 

体に当てられるものなら、何だっていいのです。

 

手であったり、足であったり、肩であったり、落ちているゴミであったり。。。
使えるものは、存分に使って当ててみてください。

 

合気道の当て身の重要性

合気道の当て身は、攻撃のタイミングをずらしたり、はたまた攻撃してくる相手の動きを完全に止めてしまったりすることができる、非常に大切な要素があります。

 

理想は、当て身で相手を完全に止めてしまうことですが、なかなかそこまではできるものではありません。しかし、攻撃のタイミングをずらしたり、攻撃の線をずらすことなら比較的容易にできます。

 

その様な当て身を多用することで、自分の体捌きを行う道を作ることができます。
当て身と言う概念を、しっかり見直した上で、体捌きについて、もう一度研究してみてください。

当て身のタイミング

実を言うと、当て身にも物理的な当て身と、精神的な当て身があります。

 

どう言うことかと言いますと、物理的な当て身は、読んで字のごとく、相手に対して物理的な力を加えることです。

 

もう1つは、精神的な当て身です。簡単に言えば、驚かせること、と理解しておけばいいです。
人は驚いたときには、動きが止まります。思考停止状態に陥るからです。

 

これらをしっかり理解していたら、当て身のタイミングは簡単ですね。驚くタイミングを見計らって、当て身をすればいいのです。

 

出鼻を挫くって言うじゃないですか。

 

それと、同じです。でも本当に鼻を叩いてしまって、怪我をさせないように注意してください。

 

当て身の使い分け

当て身は、様々な当て身があることに触れてきました。しかし当て身と言っても、範囲が広くて、どのような当て身をすればいいのか分からないと思います。

 

私にも、分かりません。
ただ、その時に必要な当て身は作り出すことができます。
どのような方法かと言いますと、当て身を使うべき時に、受けに届く様な当て身をすればいいのです。ただそれだけです。
体格差や、捌いた後の自分とパートナーとの距離によりその方法が変わってくるものです。

 

 

当て身を使うことのデメリット

当て身を稽古し出すと、皆一様に当て身を当てることや、当て身の強さ、派手さと言ったことなどに、目が行きがちで、本来の技の本質を見失ってしまっている人が殆どです。

 

それに当て身をしてしまえば、居着きます。当て身からの、次の動きまでの間に、一瞬動きが止まります。これを武道では、居着くといいます。実は、この居着きが一番厄介です。

 

居着くと、人は簡単に投げられますし、隙だらけです。ですから当て身を稽古する前に、当て身の本質を良く理解した上で、当て身の稽古をして下さい。

 

相手の動きを止めるために、タイミングをずらすために、抜群の当て身をしたって、当て身の後に居着いてしまえば、結局は当て身の意味がなくなりますものね。

 

当て身をする上での注意点

当て身は、怪我を呼び込みます。人を叩くからです。
それに当て身を稽古し出すと、威力を求める人が殆どです。
当て身に威力を求める事に、全く意味がありません。
威力がなくても、動きを止めることができます。
威力を求めると、自分が居着いてしまいます。

 

何度も言いますが、当て身で一番大切なのは威力ではありません。威力を求めれば、怪我をさせてしまいます。

 

本質を見失わない様にしてください。