入り身

 

「入り身」

合気道の稽古をしていると、頻繁に入り身と言う説明が出てきます。しかし入り身と一言でいっても、実際はどういう状態を入り身というのかを正しく理解していないと、実際のところどうしていいのかわからないのではないでしょうか。
ここでは合気道の稽古を行っていく上で最も根幹となる体捌きの一つ、「入り身」と言うことについて考えていきたいと思います。

 

入り身の本質

入り身とは、「身を入れる」つまり「前に出る」というように理解されている方が多いと思います。そのためなのか分かりませんが、演武などを見ていますと、相手が自分の方に向かって激しく突っ込んでくる場合でも、入り身をしなければいけないと言う気持ちから無理に前に出ることにより、相手とぶつかる光景をたびたび見ます。またぶつからなかったとしても、相手の懐に深く入り込見すぎて、技が詰まってしまい、流れるような技が出来なくなっていることがあるように思います。

 

このように冷静に見てみますと、合気道で言う入り身は、必ずしも相手に向かって前に出るというわけではないということになるはずです。なぜなら、入り身によって相手に向かって前に出たとしても、相手にぶつかったり、相手の懐に深く入り込みすぎたりした場合は、入り身の目的から大きく外れてしまうことがあるからです。

 

しかし入り身とは、「身を入れる」ことであるのは間違いありません。大切なのは、入り身の目的にあります。まず入り身をすることによって、相手と自分との関係がどうなるかと申しますと、相手の攻撃戦を外すこと、死角に入ることができるはずです。そしてこの関係を作ることで何が生まれるかと申しますと、実は「結び」なのです。

 

この結びと言うのは、ただ単に相手の攻撃戦を外したり、死角に入ったりしただけでは生まれることはありません。それだけでは、ただの体捌きです。重要なのは、この結びを行うこと。その結びを行うための体捌きを、入り身と言うのです。つまり入り身の目的とは相手と結びを作ること、和合と言うことなのですね。

 

入り身とは「気結びである」

ではなぜ入り身によって結びが生まれるのかと言うことですが、例えば相手が胸をつかんできたとします。合気道で言う胸捕りです。通常胸をつかまれれば、その手を離します。もしくはつかんでくる手をはじいたり、避けることでしょう。しかしこのような体捌きを行ったとしても、次につながるものはありません。なぜなら手をはじかれた相手は、更に自分の胸を取りに来たり、もしかすると他の攻撃を仕掛けてくるかもしれません。

 

このように、手をはじくいたり、避けたりするだけの体捌きを行っただけでは、達人でもなければ相手の攻撃を止めることはまず不可能なことでしょう。最も、合気道の究極は自分を殺しに来た相手と友達になることですが。。。

 

合気道の技法を稽古する場合も同じです。捕られた胸から、相手の手を外したり、胸を捕りに来る手をはじくような形で体捌きを行ってしまうと、繋がりがなくなってしまいます。また、もし繋がりが残ってていたとしても、相手との間合いが近すぎたり、遠すぎたりしては、技はかけられません。

 

しかしこのとき相手との間合いが丁度よいものであった場合には、その次の技にスムーズにつなげることができるでしょう。このような間合いに入ることを、入り身と呼ぶのです。そして入り身によって生まれた、この間合いを「結び」と言います。

 

このように考えますと、入り身と言うのは必ずしも前に出るというのではなく、時には大きく前に出たり、少ししか出なかったり、相手を迎え入れるように少し避けるだけで当り等、相手の状態に応じて変えていく必要があるのです。

 

このように「入り身」とは、相手と結びを作るために行われる体捌きのことを言うのです。言い換えれば、気結びするために行う体捌きのことを「入り身」というのです。それゆえに、合気道では最も大切な技法の一つとなります。