合気道の間合い

 

合気道の間合い

間合いとは、自分と相手との距離をいいます。単純に距離と言いましても、物理的な距離と、精神的な距離を合わせて、間合いと言うことについて考えた方が理解が深まります。

 

物理的な距離

まず物理的な距離についてですが、これは一言で言うと、相手の攻撃が届かない距離です。攻撃が届かないなら、それが一番です。

 

ただ届かない距離だと、技ができなくなります。そこでこの攻撃が届かない距離と合わせて、自分が相手に技をかけることができる最短距離も考える必要があります。

 

この攻撃が届かない距離と、技をかけることができる最短距離の両方が最高の状態となる距離が、自分にとっての物理的な最高の距離、つまり間合いとなるのです。

 

精神的な距離

これは相手の攻撃に対して、自分の心が揺れ動かない状態と考えると、理解が早いと思います。

 

では、その様な精神的な距離をどのようにして作るかということですが、これは日常の生活に対する意識の高さや、稽古の反復と稽古の質に対して高い意識を持って行うことが、大きく左右するようです。

 

最初の段階では、意識的に平常心を作り出してください。それがやがて、自分の身に付いて来るはずです。

 

片手持ちの稽古は、間合いを知る極意

入り身転換って、なぜ最初に稽古をするし、どんなに上級者になっても、どこの道場でも稽古をするか、ご存知ですか?

 

もしこの意味が分かっているなら、ここは読み飛ばしていただいても大丈夫です。

 

さて、片手持ち入り身転換を分解して考えてみます。片手持ちという面に、フォーカスしてみると、実はこの片手持ちと言うことが、とても重要な意義があることがわかります。

 

片手持ちと言うのは、間合いを図る稽古であると考えてください。色々な距離の集合体が間合いであると、先にも述べました。正にその適正な距離の取り方の極意がこの片手持ちなのです。

 

片手持ちの時、持っている手を離してみてください。そこで対面する受けと、取りは、移動しない限り、お互いの手が届くことはないはずです。ところが一歩動けば、お互いの攻撃が届くものと思います。

 

この微妙な位置関係が、非常にバランスのとれたものなのです。まずは、この片手持ちを頼りに、間合いについて考察してみると、意外な発見があるモノです。

 

自分の間合いを知る

間合いは、人によって変わります。間合いが変わる原因は、体格、技量等と言う物理的な面と、精神的に作り出される間合いの力量等、個々によって変わってくるからです。

 

ところが、
実際はそれだけではありません。

 

稽古をする日の気温、季節、場所、稽古相手、様々なものが影響するのです。つまり間合いと言うことについて、一言で言うと簡単ですが、本来はそう言うことまで含めていくものですので、非常に難しく、根本的なことなのです。

 

ではどのようにして自分の間合いを作るかということですが、これは自分自身をよく知ることです。
自分の性格、体格、体調等を、本当に深いところまで知ることで、周りの世界が変わってきます。そこまでしてはじめて、間合いを図ることができるのです。

 

難しいから、まぁいいって言わないで、今一度原点に立ち返ってみて下さい。
それほど、自分の間合いは重要であり、合気道の根っこの1つとなるのです。