合気道の取り

 

合気道の取りとは

合気道の型稽古で、技を掛ける側を「取り」、受け身を取る側を「受け」と言います。合気道の稽古を行って行くとき、初心者も上級者も、お互いにこの受けと取りを交互に交代しながら稽古を進めていきます。

 

合気道の取りの心構え

合気道には試合がありません。ですから取りの稽古をするからと言って、受けを目いっぱい投げつけたり、押さえたり、関節を極める必要はありません。

 

まずは、なぜこの動きで受けを投げられるのか、押さえられるのか、関節を極められるのかと言うことにフォーカスして稽古をしていくことをお勧めします。

 

合気道は試合で勝ったり、相手を痛めつけるために稽古していくわけではないので、特に注意して稽古してください。

 

合気道の取りの稽古法

合気道の取りは、受け身と同じように、肩やひじに力を入れて稽古をしないようにしましょう。無駄に力をこめすぎてしまうと、受けの動きを理解できなくなります。

 

また力をこめすぎてしまうことによって、「居着き」と言って体がその場に居着いてしまいます。い一見してこの状態は非常に安定しているように見えますが、実は足を払われたりしてしまうと支えがなくなった状態になりますので、簡単に転倒してしまいます。武道では、このような状態になることを非常に危険視しています。

 

そればかりか動きに滑らかさを失ってしまい、合気道本来の美しい取りが出来なくなってしまいますので、まずはリラックスした状態で式道の稽古に臨んでください。

 

一番大切なことは、その技を構成している、合気道の取りと、合気道の受けの動きです。
合気道の本質を見失わないように稽古していきましょう。