自分の人生を護る術

 

合気道は実戦で使えるのか

合気道を稽古をしていると、流派によっては試合形式をとっているところもありますが、本家の合気会をはじめとするほとんどの流派には試合がありません。どのような稽古方法を取っているのかと申しますと、初心者から高段者まで、ただひたすら合気道の型を何度も反復して稽古します。

 

このように型のみの稽古ですと、本当に実戦で使えるのかどうかに疑問を感じていきますし、初心者の方なら「本当にこんなので人を投げられるのだろうか。」と疑問に思う事でしょう。合気道の稽古は、「本当に実戦向きなのか?」と疑問が生じてくるのは自然なことでしょうし、また実戦向きでないなら、合気道が「護身術」と謳っていること自体に、疑問も生じてくる方も多いはずです。

 

たしかに合気道は、柔道や空手のように、組み合って攻防を繰り返すようなことは致しませんし、実際に手首を握ってくるようなことをしてくる暴漢もほとんどの場合で少ないでしょう。このような理由から多くの方が、合気道の型稽古そのものに、「実戦向きではない。」「護身術として使えるのか。」等と疑問が生じてくるのだと思います。

 

そもそも実践向きの護身術とは。。。

「実戦向きではない」「護身術として使えない」と仰る方に、それがどういうことなのかについて聞いてみましても、「暴漢に襲われた時に、自分を護れる」ですとか、「喧嘩に使える」とおっしゃる方がほとんどです。

 

確かに合気道は武道ですから、そのようなシチュエーションに遭遇したときに使えないようでは意味がありません。しかしそのような場面になった時に、合気道は型稽古だけのモノだから本当に使えなくて、空手や柔道などの試合形式を取る他の武道なら使えるのでしょうか。

 

答えから申しますと、 武道を稽古しているその人次第ではないでしょうか。

 

例えばあなたが道を歩いていると、突然前から日本刀を振り回しながら暴れている不審者があらわれました。あなたの近くには、武器になるような者は存在しません。

 

あなたは合気道家で、合気道の技の中でも太刀どりが得意だとします。
素手でこの不審者に挑んで、小手返しをお見舞いしますか?

 

またあなたは空手家で、日本代表の選手として出場できる実力があったとします。
不審者に素手で挑み、正拳突きをお見舞いしますか?

 

あなたはオリンピックにおいて輝かしい成績を収めた柔道の選手です。
不審者の奥襟を取って、強烈な投げをお見舞いしますか?

 

狂気の沙汰で日本刀をブンブン振り回す不審者に対して、自分の今まで習ってきた武道の技を信じて、不審者に素手で挑むと言う人は殆どいないのではないでしょうか。つまりどの武道も、実戦で使えないということになります。

 

極端なたとえ話になりすぎてしまいましたので、もう少し現実味のあるお話をします。

 

例えばあなたが道を歩いていると、突然あなたの腕を掴んで引っ張る審者があらわれました。

 

あなたは合気道家で、合気道参段です。
この不審者の腕を振りほどいて、小手返しをお見舞いしますか?

 

またあなたは空手家で、空手を7年稽古しています。
不審者の腕を払いのけ、正拳突きをお見舞いしますか?

 

あなたは地区の大会に出場して、準決勝くらいまでなら勝ち残れるようになった柔道の選手です。
不審者の腕を払いのけて、投げをお見舞いしますか?

 

このような場面ですと、どの武道家の方も、ご自身が習っている武道の技を存分に使えるという方が殆どだと思います。そうなると、どの武道も実戦で使えるということですね。

 

 

ところがこのような場面に出くわした時、もしもあなたが不審者に驚いてパニックになってしまったら、おそらくどの武道の技も使えないと思います。 

 

逆に先ほどの日本刀をブンブン振り回す不審者の話にしても、もしあなたの傍に武器になるような棒があったり、盾の代わりになるようなモノがあれば、そのような危険な不審者に立ち向かう武道家もいるでしょう。しかしどんなに強い武道家であっても、自分の身に危険を感じる「恐怖」という魔物に取りつかれれば、いくら近くに有能な武器になりうるモノがあっても、その不審者に立ち向かうことはないはずです。それどころか、近くにそのようなモノがあることにですら、気付けないかもしれません。

 

つまり合気道にしても、また空手や柔道にしても、その技を使う本人が稽古で培ってきたモノ次第で、使えるものにも、使えないものにもなるということなのですね。

 

不審者から身を護る術だけが護身術ではない

これまで見てきたように、殆どの方が護身術と聞くと、不審者から身を護る術というイメージを抱きます。そしてそのイメージから、例えば合気道でいえば、合気道の技は実戦で使えるのか?という疑問であったり、他の武道であっても、その武道の技が実戦で使えるのか?と言うような、イメージを抱いてしまうのです。

 

このような理由から、合気道で言えばこの技が極くとか、こうすればより強い投げ方や極め技になるといった、小手先のテクニックに目がいってしまい、稽古の本質からずれていってしまうのです。

 

本来護身術とは、迫りくる危険や不安、恐怖から身を護るための術を言います。

 

テレビのニュースやその他のメディアによって、その危険や不安、恐怖に対するイメージが、不審者として、広く認識されているようです。しかし実際のところを申しますと、私たちは不安や恐怖、危険と言うモノと隣り合わせで生きています。例えば学生であれば将来に対する不安であったり、社会人であれば仕事と家庭の両立、また人によっては健康と言うところに、不安や恐怖、危険と言ったような負の感情を抱いているかもしれませんし、こういった感情は私達の生活と、常に隣り合わせに存在しています。

 

ですから本来は、護身術と言うのはこういった生活に対する危険や不安、恐怖から身を護る事をも含めて考えていかなければなりません。

 

なにも不審者から身を護ることだけが、護身術ではないのです。

 

真の護身術とは、あらゆる危険や不安、恐怖という負の感情や現象から身を護るための術、つまり自分の人生を護る術のことをいうのです。